これがリアルだ!現在レンタカー回送ドライバー、撮影会・被写体モデルに挑戦中!求人・給料・副業

中国のドキュメンタリー映画”苦い銭”=ワープア日本人の日常

2018年2月、中国の出稼ぎ労働者に焦点を当てたドキュメンタリー映画が公開されたそうだ。




1元 (17円) の金に一喜一憂する中国の労働者。

映画に出演する、とある男性の時給は、16〜18元 (約275〜310円) だそう。

とても他人事だとは思えない。

それもそのはず、つい先日の給料 (レンタカー回送) は時給にすると400円程度だった…。

日によるが300円台も珍しくはない。

ポスティングのバイトも場所が悪ければ同じようなもの。

『苦い銭』

本作品の中で、ある男が口にする時給は、16〜18元(約275〜310円)。

ちなみに、昨年、日本では、最低賃金を引き上げて全国平均で時給1,000円を目指す目標が掲げらた。もっとも、民間からの反発要求は時給1,500円。これは、欧米各国の都市部においての最低賃金の目標額と並ぶ。上を見たらキリがないけど、下を見てもキリがない。

だって、時給300円でアルバイトする気になるだろうか?

しかも、朝から晩までと、労働時間は限りなく長い状況でだ。

しかし、それでも彼らは働かざるを得ない。出稼ぎ労働者たちの過酷な労働の日々、思わず感情をぶつけてしまうやるせなさ、賃金を受け取った時の失望…。そんな中国人の素顔をカメラは、リアルに捉えている。

悲しいかな、朝から深夜まで時給400円で働いている個人事業主は日本にも少なからずいる。

僕らもまた社会問題の一部であるのだろう。



にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



アーカイブ

about

■ future フクオ

収入が不安定な為、あれこれと副業に手を出している現在フリーランスのアラサー。

各業界のリアルな体験記を書いています。

現在はレンタカー回送ドライバー(請負)の仕事を実践中。

和田虫象さん著”きっついお仕事”ばりの日々を送ってます。

※あくまで個人的な体験記、感想です。誹謗中傷の意図はなく、契約している社名等は記述していません。私が在籍している会社での話であり、同業他社様とは関係ありません。

■ 賀目 がめ子

シンガーソングライターを志すアラサーOL。

音楽活動にお金がかかりすぎて週末はもっぱら副業。

現在は撮影会・被写体モデルのバイトを実践中。

当サイトのイラストも担当。

※あくまで個人的な体験記、感想です。誹謗中傷の意図はなく、契約している社名等は記述していません。私が在籍している会社での話であり、同業他社様とは関係ありません。

【#副業 #レンタカー回送 #ドライバー #ポスティング #ワーキングプア #撮影会 #被写体】